Tohoku Zunko Banner

プロフィール

Story

私、東北ずん子の夢は秋葉原にずんだカフェを作ることです。

あれは去年、高校1年生のころ。
三陸海岸を歩いていたら急に雷が鳴って、なぜか私は気を失っていました。
気がついたときには、病院。
なぜか見知らぬ弓と矢を大事に抱えていたみたいです。
急にひらめいて、矢の先にずんだを塗りつけ、お餅に矢を放ったところ・・・

なんと、ずんだ餅が出来上がったんです!

それから、ずんだを広げる旅に出ました。

東京の人、名古屋の人、大阪の人、たくさんの人にずんだのおいしさを知ってもらいたい。
そんな思いで、毎日お餅を見つけたら、矢を射る生活を続けています。

矢を射て、お餅にずんだをのせる。
心ない人には、ずんだテロなんて言われちゃったりしますけどあきらめずにがんばります!

夢は秋葉原にずんだカフェ、ずんだショップを作ることです。
ずんだの未来のために、皆さん応援してくださいね。


東北ずん子の連載小説

RSS表示パーツ
東北ずん子小説の一覧を全部見る